首イボについて

「アクロコルドン」「スキン・タッグ」・・聞きなれない言葉かもしれませんが、これらは「首イボ」の別名なのです。首イボはどんな年齢の人にもできますが、高齢者に多いことから老化との関連が深いものであるとの見方がされています。首イボができる原因といして紫外線と皮膚の老化の関連も指摘されています。いずれにしても首イボができると老けて見えることは否めません。一般的に首イボは良性のものであるとはいえ、気になるものは皮膚科で専門医に診てもらうに越したことはありません。自宅で使用できる治療用の薬などもありますが、皮膚科へ行けば比較的簡単に除去することができます。

皮膚科での首イボ治療はレーザーによるものであることが多いようです。首イボだけでなく、イボ治療は全般的にレーザーによるものが主流となりつつあります。液体窒素を用いた冷凍療法もよく行われます。ただ首イボが大きければ、外科手術による切除が行われることもあります。医師と相談してもっとも適切な治療法を選ぶようにしましょう。

ところで首イボにはアクロコルドンやスキン・タッグがあると前述しましたが、他にも軟性繊維腫という呼び方もあります。これらは同じ種類の首イボと考えてよく、スキン・ダッグはアクロコルドンよりも大きいものを言います。

スポンサーリンク