顔イボについて

高齢者によく見かける顔イボですが、ウイスル性の尋常性イボや青年製扁平イボなどは若い人にもできます。通常顔イボも健康上問題のない良性の腫瘍ですが、場所が場所だけに美容上問題になることがよくあります。特に青年性扁平イボという顔イボは20代の女性にできる場合も多く、それだけに適切な治療を早めにすることが望まれます。

老人性の顔イボの場合は感染力もなく、癌などの悪性腫瘍でなければ普通は治療の必要もありませんが、やはり美容的に気になる人も増えているようです。老人性顔イボはそのままにしておくと盛り上がりが強くなる傾向もありますし、数もどんどん増えていくことがあります。特に女性の高齢者は積極的に治療する人も多くなってきたようです。

顔イボに関して注意しなければならないのは、ニキビと混同すべきでないということです。当然のことながら、ニキビと顔イボは全く性質の異なるものです。とりわけ青年製扁平イボはニキビと混同しやすいのですが、使用する薬剤を間違えたりしたらたいへんなことになります。

顔イボに限らず「イボに効く」というふれ込みの漢方薬などもあります。それらの使用でイボの治療が成功した例も多くあるでしょう。けれどイボ治療は医療機関でも「これで完全だ」というものはまだありません。同様に漢方薬などの利き目には個人差が大きいことも理解しておきましょう。

スポンサーリンク